発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何ですか?それ

2010年12月01日 

昨夜子供たちが寝る直前に電話をしていた。
すると1号から何か入ったビニール袋を渡された。
電話が終わり見てみると…なんだかごろんとした物が二つ。マジックみたいなシンナー臭い感じ。
布団に入った1号に「何これ」って聞いてみる。
「やきいも」
「は?焼き芋って………」

1ヶ月も前にあった学校の焼き芋会の事ですか!?

この臭いは腐った臭いですね。ぎゃー。
即捨て。
「わー、お前学校にカビパンだー」と1号に言ってやった。

*「学校にカビパン」とは、机の中を発掘したらカビの生えた給食の残りパンが発見される事である。
主にADHD臭漂う男子に多いエピソードである。
(でも、大学の友人でADHD要素を自覚している人が、女子だけれどカビパンやった事あるって聞いた事はある)

ま、わしも冷蔵庫の奥に「うわ!この日にちは?」という食材がたまに見つかり、こっそり捨てているので大差無いのかもしれない。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。