発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行事が雨だったら

2016年05月09日 

aspmama07.gif

超久しぶりに画像もアップします。
何かいい無料お絵かきソフト無いかなーと思ってたんですが、探すのも面倒なので、結局パソコン附属のペイントソフトでスキャナーかけてやりました。スキャンした線の上に色を塗ると線が消えてしまうソフトなので、そのまま描いたままです。
絵は、もう数年前にはできてました……。


さて、2号が保育園年少の頃。
外で山車を運行する行事がありました。

おりしも朝から雨。
天気予報は午後から曇り。出発は午後3時から。
親の会役員は「1時半まで」止まなかったら、外の運行中止で、屋内で写真撮影・年長さんの担ぎ山車アトラクション…と決めました。

2時になっても止まず、お昼寝後着替えた園児達はぞくぞくと遊戯室へ集められます。
そして写真撮影へ。
2号は何かおかしいと気づいたみたいで、遠くから見ても分かるくらい涙目でした。(色白だから、すぐ目の周りが赤くなります)
なだめすかして写真撮影した後は、ずっとわしにおんぶに抱っこでした。
クラスの子に「3歳なのにあっかちゃ~ん」とからかわれても、ずっと抱っこ。

まぁ、ここまでなら単に「行事が中止になってがっかりの子」に見えますが、この後が自閉ちゃんならではの行動をします。


写真撮影と年長さんのアトラクションが終わったら、雨があがったんです。
急遽、距離を縮めて運行する事になりました。

皆で「良かったねぇ」とにこにこ外へ出ます。
でも2号はずっと抱っこです。
既に予定された行動が変わっているので、対処し切れません。全然喜びません。

結局1時間近く3歳児を抱っこし続けました。
終わってみたら、腕にあざができてました。ひぇー!

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。