FC2ブログ

発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦で話し合い

2015年10月01日 

2号が(以前からですが)やらなければならないこと渋りが酷く、最近になって宿題終わってないのに「やったよ」と言うのが発覚。ちょうどおとんが在宅中で、「嘘はよくない」とこってり絞られた。

んでもって夫婦で話し合い。
わしも宿題やピアノの練習で「時間、時間」と追い詰めてたのもあり、
おとんも平日在宅していなくて子育て放棄状態だったのを反省したのもあり、
いろいろ今後の方針を話し合う。

基本、2号は嫌な事は後回し、30分動くのに1時間充電必要、学校などで嫌な事があると過去の嫌な事を全部思い出してもっと嫌な気持ちになる(それってフラッシュバックじゃん)…の様に、気持ちを立て直す時間がよそ様より多くなければダメで、宿題負担がそれを妨げているって事で。
わしの考えでは、手を尽くしても改善が見られなければ、薬服用や支援級も視野に入れているってことも伝えた。

おとんが初めて学校に出向き、担任と話してきました。
宿題は、一番苦手な作文は多少文章が短くなってもいいからと。二番目に苦手な漢字の反復練習は、部首や熟語を調べて書くタイプの漢字学習へ変換(これは好きらしい)。他の皆と表向き同じノートのまま、中身だけこっそり変えてもらいました。
家では、「早くやれー」と口だけで指示していたのを、なるべく向き合うように。ピアノの練習は時間がキツイ日はスルーして、練習する日も見守ることに。

2号はちょっと支援級にも期待を寄せていたみたいだが(生徒も少なくて心負担が軽いし、見た目楽しそうだからね)、もう少し普通級でできる支援をしてもらって様子見。
大人数は苦手とは言っているが、いろんな子や初めての子とも話せるし、友達も二桁はいるので、自閉ちゃんにしては恵まれていて適応している方だとは思う。ので、将来を考えて大人数の中でやりくりできる術を覚えてもらいたいなぁと。
でも、だからといって親も期待しすぎないよう気をつけないとね。

おとんが「初めて親として動いた感じがする」と言っていた。
仕事上で支援級の子供達と関わりを持ち始めてからは、2号へのの理解もずっと進んだと思いますよ。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。