FC2ブログ

発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査してきました

2014年03月31日 

久しぶりの記事です。とりあえず文章だけでも更新できる分はやろう。

先日、M先生の発達相談の括りの中で、奥様(臨床心理士)による2号の検査をしてもらいました。

小学生になってから少々不具合が感じられる様になったので、病院診察を前に検査をお願いしたのです。病院はインフルエンザ警報が解除されてから。(首都圏より流行が遅れて始まるのです)

検査は概ね予想したとおりでしたが、1つ予想しなかった答えが返ってきました。
「2号ちゃん、ADHDきっっっついね。これから目立つかもよ(おそらく周りが落ち着く年齢になったら?)。コンサータのお世話になるかも」
我が家は義父から義母・おとん・わしに至るまでADHD要素があるので、もちろん2号にも多少入っているだろうとは思っていましたが。でも社会的にはADHDよりも自閉の方が問題になりやすいので、そっちについて詳しく知る事ができるかなと検査をしたのです。まさか、そんなにADHDがキツいとは!

もしかして、家族全員落ち着きが無いから、酷いと思ってなかった!?
自閉でも、くるくる回ったりする自閉特有の落ち着きの無さがあるから、それもあるのかな?と思っていたのだけれど。

詳しいレポートは後日もらいますが、ざっと見た感じだと(WISCⅢです)たこ同様に、バラつきがあるものの低い数値でも9(平均10)と平均近辺なので、理解力や学習能力で補って欲しいところだ。

同日の夜に小学校の職員歓送迎会がありまして、早速特別支援担当の先生にお話しました。そして偶然、次年度からこれまでの知的障害学級に加えて情緒障害学級ができる事を知りました。これまでも学校で不具合があったら、通級でSSTをお願いするかもしれないという事は伝えてあったが、自閉の無い知的障害の子と同じ内容のSSTにはならないだろうから、ちょっと難しいかなとは思ってあったのだ。
新年度になったら、新しい情緒クラスの先生にもアタックしてみよう♪
私は薬も否定しないけど(落ち着いた状態を知るために飲ませてみたいとも思うが)、せっかく環境の良い学校なので、学校の工夫で乗り切れるのならば薬無しで乗り切らせたい。

スポンサーサイト


コメント

お久しぶりです。
この1年で両家の両親、全員の入院の世話をし、義父は他界するという、めまぐるしい月日でございました。今は両親の介護問題に突入です。
ADHD系の私はもちろんパニックさー。
でも、全親と自閉息子のキーパーソンは私。代わりが無いという・・。

さて。

うちの自閉兄ちゃん5年生、おそらく健常弟3年生になりました。
兄ちゃん、wiscとりましたよ。素晴らしく自閉症な結果で、主治医のY大のY先生は「自閉症としかコメントできない」と言ってました。

周囲で投薬の子も結構増えてきまして、皆様お年頃を感じます。

2号ちゃんとこ、結構いい学校ってかんじします。
SSTでずいぶんいい方向行くのではないでしょうか。
認知力、理解力もついてくるとどんどん入りそうだと思いますよ。

こずさん、お久しぶりです。激動の1年間でしたね。

2号の検査では、隣室からマジックミラーでみていました。WISCって、最初の2・3問は練習問題扱いじゃないですか。その練習問題で自閉らしさ全開な答えを言ってました(笑)。面白いから書きたいけど、テスト内容を晒すとマズイので、具体的に書けないのが残念!
臨床心理士さんが2・3問目までは「そうだね、こういう答えもあるよ」とやんわり問題に対する適切な答えを言ってあげてたら問題の趣旨が分かったみたいで、4問目以降からはとても良い解答をしていました。

ここら辺りが、理解力と学習能力で補っていけそう、と感じた所ですね。小さい頃から(まだ小さいけど)、1度失敗して怒られたり教えられたりした事を修正してきたので。

最近はADHD的な所が家でトラブルになってます。何回も注意されてきたのに、やりたい衝動を抑えられないのか、やってしまう…。
言ってもダメなので、その場所に「×」と書いた紙をベタッと貼りました。

ついさっきも、面倒臭がらずに紙芝居とか作って教えた方がいいのかなぁ、と思ったばかりでした。


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。