発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんがそう言ったのに・2

2011年04月11日 

そう言ったのに2

こないだ2号がベビース○ーラーメンと同じ様な事をしてました。偶然にも同じ4歳です。

風呂に入ろうと思って声をかけたら、「いまあそびたかったのに~」と大泣きしました。
頭で考えた事を実行してからでないと納得しない雰囲気だったので、電話のアラーム機能を使って5分間遊ばせて、私は先に風呂へ行きました。
5分後、1号がやって来たら遠くから2号の泣き声が。いつもは5分でも納得してくれるのに、喧嘩でもしたのか?
1号に質問してみると「お母さんがピピピって言ったのに、違う音楽なったからなんだって」と。
失敗!
電話のアラーム、時間3つまで設定できるのですが、そのうち2つがただの電子音設定にしていて、今回設定した所だけくるみ割り人形の曲になっていたのでした。
申し訳ない。ラップは全てサラ○ラップとか、漂白剤は全てハ○ターと一くくりにして言ってしまう様なオバチャンなんで、うっかり「アラーム=ピピピ」にしちゃったよ。

でもぶぎゃーとなりながらも、お姉ちゃんに理由を言えた2号と、理由を聞き出す事ができた1号も、偉いなと思いました。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿

URL:
コメント:
Pass:
secret: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。