発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1号も…

2015年12月23日 

学校休んだ。1日。

1号には自閉は無いから(ADHDはたぶんある)、うまく世の中と折り合いつけて生活しているから大丈夫!と思っていたんだけど。
空気読めるし気も使える分、本意ではないのに周りに合わせてしまうのがストレスらしい。(少し空気読めないくらいが楽なのかもな)

勉強に関しては別に頑張ってないんだが(汗)、気持ちが落ちた時に宿題に向かうまで立て直すのに3時間くらいかかるので、担任が「辛い時は毎日の一人勉強やらなくてもいいんだよ」と言ってくれた。ま、成績が良くて学習に関して信頼してもらえるから言ってもらえた言葉だ。
学期末の担任と親の二者面談に1号も加わって三者面談の形になってしまいましたが、勢いで我が家は皆発達障害持ちですって言ったし。全体としては仲良し親子みたいなやりとりになり、和やかな面談でしたよ。

休む2日前に、愚痴をものすごく言っていたから、ストレス溜まってた予兆だったのだろう。
その際に「2号いいなぁ、障害の事先生に言って、宿題楽にしてもらって」とか言いやがったから、「そういうのは羨ましがる所じゃないだろう」と返したが、結局気分的に軽減してもらったような物だ。いや、1号も2号も軽減してもらったとかいっても、宿題はほぼやってるが。


しかしまぁ、娘2人ともメンタル弱いな。わしは嫌な事あっても学校休まなかったけどな。何でだろう?
2人ともに共通しているのは、障害持ちの割には見た目適応しているから、逆にそれが問題なのかな?気疲れとか、周りに合わせようとか。
わしはあまり適応してなくて気遣いとかもなかったからな。嫌な事あっても、そういう気疲れとか無かった気がする。
社会に出る頃までには図太くなってほしいものだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。