発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本に関わりました!

2016年03月13日 

教室の半数以上が発達障害またはグレーゾーンの生徒さん、という中嶋恵美子先生の著書『あきらめないでピアノレッスン』の第二弾『発達障害でもピアノが弾けますか?』が出版されました。

この第二弾の本は漫画メインで、その漫画も、ここのページとリンクしているかなしろにゃんこ先生が描かれたものです。
漫画による障害解説本を買い集めている私にとっても、ナイス!な本です。

んで、この漫画と漫画の合間に「当事者によるコラム」がありまして、そこに私もお手伝いさせていただいたのです。
私は文章が下手なので、読みやすくするためにほとんどと言ってもいいくらい、中嶋先生や担当の方にお直しを入れてもらい、出版物に上がった物です。自分は書きっぱなし状態でした(汗)。

音楽と発達障害に感心のある方は是非!

中嶋先生のサイトです。↓
http://www.terra.dti.ne.jp/~emikosan/himawarinooka.html

言っちゃった♪

2013年07月21日 

お仕事(学校の授業補助)の中で、普通級にいる自閉の子の問題行動について、「きっとこうなんじゃないかな?」と語っているうちに、カミングアウトしてーという気持ちがむくむく。もっと説明したいっ!

んで、たまたま特別支援担当の先生2人と同じ場にいる機会がありまして、言っちゃいました。
そしたら、M教授の講座を聞いた事のある先生が「あ、その話題M先生言ってました」と。
「そうなんですぅー♪出処私なんです!」と私。

別に他の先生にも言っても構わないんだけどさ、どんな場面で話を切り出せばよいか悩みどころなので、まずはその2人にって事で。


関係ないけど、1号に自分の事説明したつもりが、あまりにかるーく言ったためか、2号がASだという事しか分かってなかったみたい。
こないだあらためて説明した。

母校の学祭

2010年11月07日 

母校の学祭で、障害児教育専攻のM教授ゼミで出店するそうな。
客席の上に啓蒙パンフレットを置くことになり、当事者の言葉が綴られたものにする事になった。
わしも寄稿した。

寄稿したっつっても漫画だけどな(笑)

で、ゼミのHPでもアップされたのでリンク貼っておきます。

こちらです。

ブログだと4コマ漫画的な縦長のものじゃないと載せ辛く、あえてここにはアップしませんでした。
(リンクが切れたらアップするかも)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。