発達障害に関するエピソードからなんでもない日々のエピソードまで。 シリアスが苦手なので、基本おちゃらけてます。初めての方は「はじめに」カテゴリーからお読みください。


スポンサーサイト

--年--月--日 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が思ったとおりに世界は動かない

2011年05月15日 

自分自身に関しては計画的でいい。
自分以外の人に自分の思った流れを押し付けてはいけない。
予想外の流れになったからって怒る必要は無い。
自分で「こうなるだろう」と予測しているのと同様に、相手だって「こうなるだろう」と予測しているんだ。
だから相容れなくてもあたりまえくらいに思わないといかーん!
思ったとおりにいかなくて相手に怒りをぶちまけても、それは予測が外れて自分自身に苛立っているだけ。

今(というか、ずっとだけど)自分が陥っている、自閉圏にありがちな罠。

しかし、いちいち生活の全てで想定外が起きる事を身構えていなきゃならんのは、いささかキツイ。
だが、身構えてないと想定外にパニックを起こして怒り狂ってしまう。
穏やかにするために身構えていて、はたして穏やかでいられるのだろうか?

NHKの9時からの番組を見て、いろいろ考える事がありました。
落ち着いて文章にしたら少し変わるかなーと思い、書いてみました。
すまんな、1号2号。

ちょっと愚痴言わせて

2011年04月30日 

アスペルガーに営業ってやっぱ無理とは言わんが、難しいんですかねぇ。
なんだか、音楽教室の問い合わせがあっても、わしの受け答えが頼りないのか、結局断られてしまうんだよな。レッスンさえ始まってしまえば生徒さんとも仲良くできるし、お家の方とも話しできるのに。
そこに至る以前の所でストップなんだよな。

AS故に正直すぎて、問い合わせの際に言葉が詰まる事も多々ある。嘘つけないから、親御さんに安心感を与えるような断言もできない。絶対電話の向こうでは「この人大丈夫か?」と不安感を抱いているに違いない。
指導者は時には女優になって生徒に合わせたり、のせたりした方がレッスンにも効果的なんだろうが、思っても無い事は演技できない。多少でもそう思えれば大げさに演技できるが、これっぽっちもそう思ってなければ嘘はつけないので演技できない。

1クラスに2・3人程度しか習わないような地域の中で、更に先生がこんなんだと2・3年に一人位しか習いにこないだろうな。

人を羨んでいるうちは自分に福は来ない。部屋を汚くしているうちは福も逃げていく。
…なんて類の言葉に全部当てはまる。
これでも昔よりは部屋マシだが、まだまだ一般人レベルからすれば中の下くらいか。昔はそれこそ「片付けられない女」だった。
25過ぎてから旦那に人間として再教育されたので、まだ一般社会的には小中学生レベルなのかも。そう考えると、あと10年位しないと十分な営業トークができないのかもしれない。
でもそうだとすれば、音楽教室が軌道に乗ってきた頃には、体力が落ちてくる年齢になって教室たたんでたりして(汗)。

すんませーん。
わしも年がら年中バカみたいに明るくてポジティブではないので。
元々はネガティブ人間だし。

こちらは大丈夫です

2011年03月13日 

青森県の日本海側なので(つまり左半分)、一晩の停電だけで済みました。
でも、食料とかガソリンスタンドとか、物資の補充がちゃんと来るのかどうか分からないので、節電節約生活してます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。